So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

ファンキーなHOTハッチで下町トリップ「AMG A45 4MATIC」 [新車試乗]

走る、曲がる、止まる。


そして・・・話す。


をキャッチコピーにした新型Aクラス。


MBUXはとっても便利な機能だと思うし、これからどんどん進化していくはず。
そんなAクラスの中でも、ひと際、主張が強いのがトップエンドに位置づけされるAMGモデルのA45。


大径ホイールに専用エアロ、よ~く見比べるとグリル違い、がエクステリアの大まかな違い。

しかし、同クラスのオーナーやAMGユーザーなら、ひと目で見分けがつくという。


そんなAクラスも今年2019年の3月に新型へとバトンタッチ。

新型AクラスのハイパフォーマンスモデルはAMG A35となるわけだが、

旧型となってしまう前にAMG A45 4MATICでさくら舞う都心をドライブしてみた。


1 (3).jpg

松屋銀座の時計台のある銀座4丁目交差点



真っ赤なボディカラーということもけれど、スタートボタンを押して始動するエンジンの抑揚するサウンドは、クルマに興味がなくなってしまったという都会の人々にも、

高揚感が伝染するのか・・・信号待ちでも視線を受けることもしばしば。


エンジンは、AMGシリーズにしては小排気量な直列4気筒DOHCに、ターボで過給して380馬力にまで出力を上げているから、

都心部でのスタートダッシュや加速感はハンパない!


7速のATは、フロアにシフトレバーとステアリングにあるパドルシフトで、好みのポジションへと変更ができる。


もちろん、一旦、Dレンジへレバーで変速後は、再び止まるまでは、パドルシフトで楽しむのが流儀!


またシフトレバーの脇にはATモード変換ボタンもあって、ノーマルであるコンフォートからスポーティモードのS、排気音も大幅にやる気なサーキットモードに近いS+へと、道路状況とドライブフィーリングでチョイスできるようになっている。


自分は通常時からSモードで走りたい!


まずは、ランチタイムで賑わう大手町へ。


ラグジュアリーなブランドの路面店やオープンなカフェが立ち並ぶ一方通行の丸の内仲通りには、A45の真紅のボディが映えまくっていた。


1 (4).jpg

丸の内仲通り



ここはひと目も多いので・・・

ついつい低速ギアで走りたくなる雰囲気(笑)。


やる気あるエキゾーストノイズのせいか、

フロントに光るスリーポインテッドスターのせいか、

信号のない横断歩道の歩行者も、

心なしか互いにストレスを感じさせない歩速で、

横断歩道を渡ってくれる。


しかし、近年のこのあたりはホントに、

ウォール街かシカゴなんかのビジネス街に、

景観が近づいている気がしてならないほど、

洗練されている。



数寄屋橋を抜け、晴海通りから築地方面へ。



築地も市場の移転などがあったのか?

と思わせるほど、まだ残っている場外市場は平日でも賑わっている。


勝鬨橋を渡ってすぐの橋のたもとを左折すれば、

どことなく懐かしい雰囲気に包まれる月島の下町商店街。

ここも再開発されているらしく、所々が歯抜けのようになり、

工事のため移転などの張り紙とともに工事用の外壁で囲まれはじめている。


やがて大きなビルの中に「もんじゃ焼き屋さん」も入居していくのだろうか・・・


さらに奥へと走ると、あの佃煮で有名な佃島へと入ることができる。

佃島には現在も江戸時代から続く佃煮の老舗が数店舗残り営業している。

徳川家康が江戸城で食べるために大阪から連れてきたという
佃煮職人たちのためのエリアだ。

昔と違い少量生産の貴重品だけに、昔ほど安価なものではなく、

むしろ老舗が代々の味を守ってきた高級品という扱い。


佃小橋は、鮮やかな朱色の橋でたもとに整備される公園、

古き良き下町の景観越しに、月島のタワーマンションが映える

タイムトリップ感ある景観が楽しめる場所。


いまは、このたもとに整備された公園の桜がちょうど満開を迎えていた。


1 (5).jpg



このレトロともアーバンとも言える不思議な景観にも、

真っ赤なボディカラーは抜群に映える。



クルマを止め、月島の老舗でもんじゃ焼きを頬張ると、

すでに数時間の時が流れていた。


1 (6).jpg


都心でもしっかりとトリップできるドライブが楽しめた。


nice!(1)  コメント(0) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。