So-net無料ブログ作成

東京モーターショー、行ってきましたっ! [others]

86_01.jpg

今週末から一般公開がはじまる「第42回 東京モーターショー」。
そのプレスデーが、今日11月30日と明日12月1日の2日間ということなので、すでに事務局から郵送されてきたプレスパスを持って、行ってきました。

今年は、恒例だった幕張メッセから会場を移し、お台場にある東京ビックサイトでの開催となる。

幕張と同じく、湾岸エリアとはいえ、東京の行楽名所であるお台場だけに、僕らのようなプレスデーならまだしも、一般公開日からは、周囲の施設も大勢の人で賑わうことだろう。

展示スペースは、メッセと比べると、やや狭いほうなのだろうが、入り組むように設計されたビックサイトの構造から、メッセと同等、いやそれ以上に歩き回った感があった。

まず、メイン会場から渡り廊下で移動する西館にあるトヨタブースへ向かう。
もちろん、お目当ては「86(ハチロク)」。先日、発表会や試乗会が行われたばかりだが、こうして実車をじっくりと見るのははじめて。スタイリング的に、すでに発売されている高級スポーツカーのLF-Aっぽく、カッコイイ。

LF.jpg
もちろん、LFも展示されていて、注目を集めていた。

そして、西館のトヨタブースに隣接するレクサス、ダイハツブースを回り、エスカレーターを上ったり下りたりしながら、東館へ向かう。

beetle.jpg
今日、日本仕様が発表された「ザ・ビートル」。先代のデザインを踏襲しながらも、細かいところがほかのVWのモデルとデザインアイデンティティを共有しているように感じた。この写真でいうと、フロントバンパーの下あたりを見ると、インテークとフォグのあたりのエッジがゴルフっぽい。

bulli.jpg
ぜひこのカタチのまま、発売してほしい「ブリー」。大きさも、コンセプトとなったマイクロバスよりは小さく、ミニバンらしい仕上がり。電気自動車というのも注目のポイントだ。

bus_01.jpg
そして、ついつい足が向いてしまう「商用車コーナー」。HINOのハイブリッドの観光バス。

bus_02.jpg
乗ってみると、全席がまるでビジネスクラス。パーソナルモニターはついてるわ、ドリンクホルダーに、オットマンと、至れり尽くせり。こんなバスで、旅をしてみたい、なんて思ってしまう。

MINI.jpg
ハイブリッド仕様の展示車が多かったBMWグループのブースでは、12月3日からデリバリーが始まるというMINIのクーペが展示されていた。

911.jpg
ポルシェブースには、新型の911。パナメーラのGTSなんかも展示されていた。

cls.jpg
メルセデスベンツのブースでひと際目立っていたのが、真っ赤なAMG軍団。新型のCクーペのAMGをはじめ、写真のCLS AMGやなかなかお目にかかれないブラックシリーズも展示され、終始賑わっていた。

CIMG3055.jpg
間もなくブランド自体がマーケットから消滅する、と噂されるマイバッハもフロント周りを刷新した57Sを展示していた。

今回も例によって、トミカブースに行ってみたのだが、触手をそそられるものがなかったので購入を断念。前回もそうだったのだが、毎回毎回、モーターショー特別セットの台数が増えているような気がする…。前回は確か7台(?)だった気がするのだが、今回はなんと12台。お値段も7560円と、すでにマニアックな領域に達してきた。もちろん、特別仕様だし、限定の箱も付くのだが…。横に、トランスフォーマーの12月発売のものが、モーターショー先行発売モデルとして売っていたが、こちらも触手はひかれなかった。あとで、後悔しないといいのだがwww

なにはともあれ、クルマ漬けの1日が終わった。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

200m越えw [others]

P1000008.jpg

う~ん。。。放っておくと、すぐ更新頻度が落ちてしまう・・・

さて、先日のロケに向かう途中に見かけた風景です。

このところ、首都高速も割と空いているので、
焦らずのんびり走ると、いろんな景色が、
車窓で楽しめる!

首都高速6号向島線から郊外へ向かう途中に見えるのは・・・。
そう、東京スカイツリー!
11月についに200mを越えたそうで、
完成時には、地上600mということなので、
現在は、約1/3(?)くらいに成長しています。

地上350mのところに展望台ができるそうなので、
完成したら、東京タワーの展望台より高いところから、
東京を見下ろせる、というわけ。

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

恒例のモーターショー限定品!!! [others]

10.JPG

 そして、東京モーターショーといえば、恒例の戦利品
 トミカが制作した東京モーターショーのトミカブースでしか変えない特別なトミカ! 今回は、トヨタのIQとランエボXをGET! ホントは、8台セットがほしかったけど、我が家の展示スペースもすでに限界を迎えているので、前回と同じく厳選してこの2台を購入。
 それにしても、トミカって1台630円もしたっけ? 毎年高くなっている気がするけど・・・これも数少ない自分の趣味、しかたない!
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

The 41st Tokyo Motor Show 2009 [others]

TMS2009_LogoSamples_2_0219_O.jpg

 先日、間もなく開催される東京モーターショーの概要が発表された。今年は、10月23日(金)〜11月4日(水)--23日は特別招待日なので、実際には24日からが一般公開-- の期間で千葉市の幕張メッセで行われるが、通年よりも参加メーカーの減少が話題となっている。中でも、輸入車メーカーはほぼ全滅・・・。輸入車メーカーはたった2社の出展だけで、ロータス(ケータハムも)とアルピナのみ。。。メルセデスやアウディ、ポルシェにBMW、アメリカのビック3すらザンネンだが、出展をしない。
 まぁ、日本の自動車市場を見れば、一目瞭然ではあるが、海外メーカーからみればマーケットとしては“おいしくない”市場なのだろう。ECOカー減税や助成金などで、なんとか生きながらえているにすぎない、と判断されての結果だろう。
 当然、モーターショーのテーマもECOにまつわるもので、出展各社もECOカーが中心となることは必然。。。
TMS2009_LogoSamples_1_0219.jpg


 ともあれ、10月21日から2日間、プレスデーということで招待が来ているので、本ブログでも独断と偏見ながら、いち早く様子を掲載したいなぁ、と思います。

The 41st Tokyo Motor Show 2009
■会場
千葉市 幕張メッセ
■入場料
一般:1,300円(前売1,100円、平日15時以降(当日会場売)1,100円)
高校生:600円(前売  500円、平日15時以降(当日会場売)500円)
中学生以下:無料
平日のみ15時以降入場料(当日会場売) 一般:1,100円 高校生:500円


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ガンダム!!! [others]

CIMG2776.JPG


 お台場に『ガンダム』がいるっ! というのは知っていたけれど、それが8/31で撤去されてしまう、というので慌てて見に行ってきました。
 ガンダムもシリーズで、たくさんいるので、単にガンダム世代といっても、どのジェネレーションかによって違うとも言われていますが、やっぱり『ガンダム』といったら、このファーストジェネレーションこと初代ガンダムでしょう!

CIMG2780.JPG


 クルマでお台場に近づくにしたがって、異常に混んでることに気付いた。。。予想はしていたけれど、ここまでとは。普段、ロケやらで訪れるときは、使っていないはずの臨時駐車場までが全開され、どこも入庫待ち状態…。
 で、思いついたのが、お台場の先端にある駐車場。「あそこなら…」と思い行ってみると、ガラガラ。。。ラッキー! とはこのこと。クルマを停め、急ぎ足で海岸へ。そういや、ガンダムのある場所って…。下調べもせずに出てきたので、歩く歩く。冷夏とはいえ、30℃超えの炎天下の海岸はキツい!

CIMG2802.JPG


 そして、見えてきたのが後ろ姿(!)。これが等身大?? 意外にデカいぞぉ~。そして、潮風公園前の駅から繋がる歩道には人・人・人の影。。。「うわぁ! ここが混んでたのか!」そう、デックスやフジテレビもそこそこ人はいたけれど、これほど賑わってはいなかった。あの駐車場の混み様は、ここへ向かう人のクルマだったのか。。。

CIMG2782.JPG


 潮風公園内の円形の芝生は、まるでスタジアムのようにガンダムを取り囲むように出店や仮設ステージなどが設置され、デジカメやケイタイの写メでガンダムを撮影する人で溢れていた。

CIMG2784.JPG


 周りの人に負けずにシャッターを押す!

CIMG2790.JPG


 押す!

CIMG2794.JPG


 そして、またw

CIMG2798.JPG


 逆光でもかまわず。。。

CIMG2807.JPG


 大人気なく、夕方まで楽しんでしまいました! これだけのものを作っといて、わずか2ヶ月弱で撤去してしまうなんて…。

CIMG2805.JPG


 人工の砂浜とはいえ、キレイな夏の夕日と打ち寄せる波。。。そして、ガンダムと、久々に熱い夏を体験してきました!

☆GREEN TOKYO GUNDAMプロジェクト
http://www.gundam30th.net/event/real-g.html

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

虹を追いかけて。。。 [others]

P1000290.jpg

このところ、良く虹を見るようになりました。
今日の東京地方は、朝は晴れ、昼過ぎから曇って、
夕方前から雨が降り出しました。
18:30、雨が一瞬上がり、
雲の切れ間から、太陽が顔を出した時です。

東の空に大きな虹が…
(ケイタイなので大きく見えませんが。。。^^;)

P1000291.jpg



先週もこんなキレイな虹がかかっていました。
世界的に異常気象が続いている中、
温暖化などが問題視されていますが、
おかげで、こんなロマンチックな光景も見れるようです。

虹を追うように走ると、
車線のほぼ真ん中から虹が、
かかっているように見えました!!!


タグ:
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

懐かしい! [others]

CIMG1697.JPG
 

 先日、FMラジオを聴いていると
ものすごく懐かしいメロディと出会いました。
それは、まだ学生の頃、男子寮だったのですが、
寮の就寝時に流されていた音楽。

 当時は、まったく意識していなかったのですが、
知らない間に、メロディはもちろん、詩まで覚えていたようです。


~ 砂浜 ~

ボクは悲しみの夜や淋しい夜更けはいつも
砂浜で膝を抱えて眼を閉じてみる

寄せる波を聴きながら
いろんな事考える
少年の頃の心
何処に行ってしまった

君の小さな誤ち
許すことできないで
大切な人を一人
失くしたんだあの頃

皆 見せかけの恋や形だけの愛ばかり
もう一度君に逢えたらこの海見せたい

忙しすぎる時間と
人と人との間で
落し物していた様な
想いしたらまた来る

海よ元気でいろよと
強く生きろと
ひとつ
言ってくれ
そして
夕陽で照らしておくれ

歌:杏里
作詞/作曲:かおる
編曲:小倉泰治

 

あの頃は気にもとめていなかった歌が、
こうして、時を越えて、もう一度聴くことで、
詩をあらためて見て、
すごく、すごく心に響きました。。。

(photo/ロサンゼルス、レドンドビーチ、2007)


タグ:砂浜 杏里
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Barbie × FIAT500 [others]

 

barbie01.jpg

 『フィアット500 Barbie®』 @ FIAT CAFFE`と題して、6/8~6/30まで、東京・青山のFIAT CAFFE`で世界で愛される着せ替え人形のバービーとFIAT500とのコラボで実現したバービー仕様のFIAT500が展示されている。
 FIAT CAFFE`(港区北青山1-4-5 ロジェ青山 Tel:03-5771-7661 fiatcaffe.jp) は、1Fが アンテナショップで、2Fは カフェ&レストランといういわばFIATのコミュニティスペース。
 期間中、1Fにこのバービーカーが展示されるほか、スタッフ全員がバービーブランドの衣装をまとうなど、文字通り、バービー一色のイベントが開催されている。
barbie08.jpg

 今年の3月で、バービーは生誕50周年を迎えた。この『バービー仕様』のは、フィアットのスタイリングセンターとバービーを生産するマテル社のコラボレーションによって生まれたもので、今年、3月9日にミラノで行われたバービー発売50年目のパーティーで正式公開されたもの。
barbie07.jpg

 流行というピンクを基調に彩られたエクステリアとインテリアは、まるでバービーの世界から実写として飛び出してきたような錯覚を覚える。
barbie04.jpg

 インテリアのベゼルやホイールキャップ、ウインドウのモール、アンテナなどにはキラキラとしたクリスタルが埋め込まれバービー好きの女性を魅了するかのような装飾が施されている。
barbie03.jpg

 ピラーにもクリスタルで象ったバービーのシルエットが…。
barbie02.jpg

 期間中は、店内もバービー一色となり、関連商品もたくさん用意されキャンペーンなどもある、というからチラッと足を運んでみては。あくまでも展示車ということなのか価格等は発表されていない。

 


nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

デトロイト発-キャデラックNEWモデル [others]

X10CA_CT012.jpg
 会社再生法により、株式の国有化から“ガバメント・モーターズ”なんていわれ始めてしまったGMことゼネラル・モーターズから、今夏(本国)モデルとなる新型車がデビューする。
 世界的な不況下で、HV(ハイブリッド車)や、最近ではEV(電気自動車)に注目がおかれる中で、古き良き時代を思い出させてくれるアメ車には、まだまだ頑張ってほしいものだ。
X10CA_CT014.jpg
 既存のクロスオーバーモデル『SRX』には、なんと3万ドルからエントリーモデルが追加されるほか、ちょっと個人的に注目なのが、CTSのスポーツワゴンモデルだ。CTSのラグジュアリーなデザイン性はそのままに、ラゲージ(荷室)スペースをワゴン化によって約2倍となったスポーツワゴンは、セダンやクーペの多いラインアップに、ひと華咲かせてくれそうだ。
X10CA_CT013.jpg
 『CTSスポーツワゴン』の日本市場での発売は、早くて今年の冬頃ということだから、少々待ち遠しい。『SRX』のエントリーモデルは来年以降の予定という。

X10CA_CT015.jpg

 


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

New Eクラス debut!!! [others]

mercedes-benz-e-class.jpg
 最近、『ティザー広告』というのが新製品を効果的に、宣伝する手法として様々な商品に用いられています。
 クルマ業界も類にもれず、ティザー広告が多くなってきています。この『ティザー』とは、ティーズという“じらす”という意味を持った言葉を語源にしたもので、まさに発売までユーザーをジラす、というもの。
 最近でいえば、5/18に発売されたトヨタの『プリウス』、5/20に発売された富士重工業(=スバル)の『レガシィ』もティザー広告を打っていました。
 特に両社は、この世界的金融危機で不況の中、屋台骨を支える車種としても期待が多く、まさに低迷を脱出するカギといってもいい。
 そんな中、今日5/26にいよいよ日本市場としては7年ぶりとなる新型Eクラスが発売される! エクステリアがレクサスのGSに似ているとか・・・、賛否両論はあるものの、日本だけではなく、世界的に注目される“ラグジュアリーセダンのベンチマーク”としての役割を担ってのデビューとなる。
 日本市場に導入されるのは、とりあえずセダンの2モデルで、『E350アバンギャルド』と、『E550アバンギャルド』。様々な安全装備など、メルセデスの最新技術が、惜しみなく投入されているのがポイント。
 すでに、本国ではAMGモデルやワゴンモデル、そして、ついに復活を遂げるのか、のクーペモデルのデビューも噂されているので今後も注目だ。

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。