So-net無料ブログ作成
検索選択

パワースポットで… [Travel]

CIMG2755.JPG

北陸へのドライブ
2日目にやってきたのは、富山県の立山。
北アルプス連峰と呼ばれる立山は、
3000m級の山々が連なる連峰。

その中のひとつに、
日本一の落差を誇る
『称名の滝』がある。

滝までは、アルペンルートをたどるような
険しい道のりはないけれど、
クルマでいける最後の駐車場から、
徒歩で1200mほど行ったところにある。

CIMG2756.JPG

小規模であるけれど、ダムや発電所もある。
その昔、立山温泉郷をのみ込んだという
約2万立方mの土石流も、この滝のはるか上流に
険しい渓谷として残っているそうだ。

CIMG2759.JPG

1200m歩ききると、
幅広い河川にかけられたつり橋から、
称名の滝が拝める。

マイナスイオンたっぷりの滾々と流れ落ちる
落差100m以上の滝を眺めながら、
しばし物思いに…と思いたかったが、
なにせ連日の荒れ模様の天気で、
霧なのか、滝から舞い落ちる水滴なのか
わからないほどの水幕。。。

デジカメにパチリと収め、
早々に退散。

輪島の朝市 [Travel]

CIMG2754.JPG

7/28(火)、午後。
思い立ったかのように向かったのは、
石川県は能登半島。

PM2:00に自宅を出発、ガソリンを入れたり、
タバコを買ったりしながら、関越道に乗ったのは
PM3:00頃だった。

ナビもセット完了、ETCカードも挿入済み、
おまけに予てから世話になってるレーダー探知機も万全!

しかし、点数がフルに戻った今となっては、
無駄に飛ばす気はさらさらないけど。

で、のんびりと走ったわりには、
関越道⇒上信越道⇒北陸道・金沢ICまで、
順調なドライブを続け、約4時間強で到着。
その後、能登有料道を終点まで走ること約1時間弱。

到着したのは、朝市で有名な輪島の隣町にある門前町。
いつもなら、どっぷりと走りの疲れに襲われるが、
のんびりドライブの恩恵か疲れはまったく感じない。
ビールで乾杯のあと、就寝。。。

翌朝、向かったのは輪島の朝市。
朝市といいながら、のんびり夕方までやっているのがミソ。
かに、鯛、サザエ、鰤など近海の鮮魚や貝類のほか、
漆を使った輪島塗、まんじゅうや和菓子など、
思い思いの屋台が並ぶ。

東京へかにやサザエを宅配便で送り、
無事、任務終了なり。

福岡っちゃ!! その2 [Travel]

P1000118.jpg
で、2日目。。。
毎度のことながら、初日のバタバタから開放された2日目は、朝からフリー!
やってきたのは、常々から着たかった「太宰府天満宮」。
P1000119.jpg
連休中ということもあり、それはそれは混んでいた・・・。
ヤフードームの隣にあるホテルシーホークからタクシーで、西鉄・福岡(天神)駅へ。そして、大宰府行きの電車で、はるばるやってきた。
数年前までは、よくこうした状況はあったのだが、年をとるにつれ、一人旅は何かとさびしいもの。。。TVの「はじめてのお使い」みたいな気分で、時刻表と路線図とにらめっこしながら、太宰府天満宮にたどり着く。駅からは、徒歩で約10分くらい参道を歩くと、本宮にたどり着くのだが、参道にはいろいろなお土産屋さんが目白押し。
P1000121.jpg
参道の本宮よりにある「みどりや」さんで、"梅ヶ枝餅"を買う。。。だって、すれ違う人がみんな美味しそうに食べてたし、タクシーの運ちゃんも「梅ヶ枝餅は絶対食べてねっ」って、言ってたし。1個60円だし。。。いや、ほんと美味しいの一言。。。
P1000120.jpg
本宮のお参りを済ませると、今度は宝物殿(入場料/大人300円)の前を通ると、そこには坂本竜馬が。。。見ると「竜馬のピストル展示中!」の文字が・・・。あの寺田屋事件のときに竜馬が持っていたスミス&ウエッソンと同型・・・と書いてある。。。本物か?。。。否か。。。は、わからないがでも、手のひらサイズの小さな銃が飾られていた。
そして、宝物殿の見学を終えて、一路参道を下り、大宰府駅より西鉄・福岡駅に向かう。もうすっかり日が暮れて、肌寒い。

さぁ~て、今日も夜の街にくりだすか・・・(笑)


福岡っちゃ!! その1 [Travel]

P1000122.jpg
この連休を使って、福岡まで行ってきました。
急な出張とはいえ、毎度ながら、どこへ行くのも楽しんでしまう!
P1000117.jpg
福岡といえば、「明太子」に「ラーメン」、そして「水炊き」に「モツ鍋」。。。etc
いろいろと食べ物が美味しい
で、やってきたのが地元の人もオススメの「ほく菜」というお店。お酒もいろんな種類が置かれていて、焼酎から日本酒までなんでもある。しかし! ビール党はどこへ行っても生ビールが頼みたいっ!
ここの生ビールは、キンキンに冷えていて、出てくる料理にも合うの合わないのって(笑)
写真は、「エビブロブロ」といって、ブロッコリーと海老のサラダ風。
もちろん、夜の街も楽しそう!!!

と、今日はこのへんでw

韓国へ・・・その3。 [Travel]

2008102913490000.jpg
そして、3日目。
ドタバタだった2泊3日の韓国取材も最終ラウンド。。。朝から、出発の間際まで取材撮影が入っていたため、スタッフ一同さらにドタバタ・・・
2008102813570000.jpg
移動に使ったタクシーの料金メーター。ついクセで日本円と勘違いしてしまうが、韓国の通貨は“ウォン”なので、ここまであがっても1万円ちょっと・・・。それにしても、もし日本円だったら(日本だったら・・・)いったいどこまでいけるのだろう???
2008102820340000.jpg
最後に、ニセモノSHOPの中をのぞいて見た・・・。大体の場合、表に陳列されているモノよりも、こうした店内のほうが、ビックリするようなものが多いらしい。。。まぁ、向こうが「いい客」と見ない限り、中へは入れてくれない場合が多いが。
タグ:韓国 ソウル

韓国へ・・・その2。 [Travel]

CIMG2714.JPG
2日目、大勢のスタッフにOFFタイムを与え(偉そうかな?)、カメラマンとPR会社の人間と向かったのは、仁川(インチョン)。
CIMG2706.JPG
仁川空港近くにあるハイアット・リージェンシー・ホテルにあるゴールデンゲートカジノ。金の門の名前のごとく、入口のゲートが本物の金を使っている。
CIMG2705.JPG
ホントは、撮影しちゃいけないんだけど、特別な許可を得てバカラ・ルーレット・ブラックジャックなどのテーブルディーラーさんを撮影。
CIMG2702.JPG
金浦~仁川、仁川~金浦と片道約1時間半ほどの相当な距離をタクシーで移動。それも、ほとんどチャーター的な使い方をして、約39万ウォン也。。。日本円で約3万円弱? ほんと安くて助かりました!

韓国へ。 [Travel]

CIMG2695.JPG
月刊C、順調ですねぇ~。
お蔭様で2ヶ月に1回は海外取材を敢行させてもらってます♪ で、ネタバレすれすれですが・・・次号、韓国取材の裏側を。
今回は、大韓航空さんのタイアップのもと、韓国の金浦空港に降り立ち、カジノを取材することに。上の写真は定石の機内シーン。美女(?)二人がファーストクラスに搭乗している様子。
CIMG2711.JPG
今回は、女流カメラマンにお願いしての撮影。腕組みの二人は韓国人で、それぞれホテルのPR担当と、現地代理店の女性たち。
CIMG2707.JPG
ハロウィンは過ぎてしまったが、ホテル内はこうしたハロウィンの小物で飾り付けされていた。
CIMG2708.JPG
韓国って、意外と洒落っ気たっぷりなのに驚いた。。。数年前に来たときは、街が洗練されていたのに驚いたが、今回はそのディテールを垣間見ることができたので、驚くも2倍。。。
CIMG2704.JPG
食事処とタクシー(移動)には困らないのは助かった。。。どのお店も、味はいいし。タクシーも日本よりもグンと安いので、ちょい乗りでもタクシーを使ったほうがいい。
CIMG2712.JPG
やはり・・・といっては失礼かもしれないが、東大門や南大門あたりはニセモノの宝庫。日中は、割と観光用のお土産店が目立つが・・・日暮れとともに、露天商が大勢やってくる。それもニセモノを沢山積んで・・・


シンガポール@最終日 [Travel]

CIMG2545.JPG
いよいよシンガポール出張も最終日。今日は、午前中の予定をキャンセルさせてもらい、フェアモント・ホテルの撮影取材の交渉を行い。午後から本隊と合流。合流先は、シンガポール国立美術館。シンガポール独自の展示物は少ないが、対外的に友好的なお国柄を示すように、展示物は海外のものが多い。この美術館の中に、なんと中華料理店が存在する。ここで、昼食をとる。
CIMG2546.JPG
次にやってきたのは、イスラム街。モスクを中心にイスラム人のお店が立ち並んでいる。
CIMG2547.JPG
なんともスローなライフスタイル。喫茶店なのだが、あまりにもリラックスしているから、この人のうちかと。。。
CIMG2548.JPG
西に向かってアラーの神に祈る礼拝堂。すごくキレイに並んで祈るんだと、思っていたら一人ひとマスが記されたデザインの絨毯だった。
CIMG2553.JPG
水タバコにも挑戦っ!!! 1セット5ドルで、ミント味のスタンダードなものから、フルーティなイチゴなどの味もある。吸った感じは、ニコチンの少ない煙(?)的な味。思い切り吸い込まないと、煙が出ないので吸っているうちに中毒っぽくなる。
CIMG2554.JPG
小腹が空いたと、やってきたのはインド人街にある「ラクサ」のお店。1杯2ドルと格安で、大人気のお店。ランニングタンクトップ)を着ているのが店主だが、リゾート地に別荘を持ち、高級車も所有しているという商売上手なおじさん
CIMG2555.JPG
これが、この店のラクサ。坦々麺のような感じで、香辛料が効いている。この店の流儀として、ハシはくれない。レンゲだけで食べるのが通とか。
CIMG2556.JPG
そうこうしている内に、夕方になる。ホテルの取材のため、用意された部屋に行くと、なにやら外が騒がしい・・・。1ヵ月後に迫った独立記念日の予行練習が大々的に行われているようだ。航空ショーもあるらしく、空軍の戦闘機が空を舞う。飛行機雲がツリーのようになってるのがわかるだろうか?
CIMG2557.JPG
6機の戦闘機が遠方から、中央に向かい上昇して行った。空に大きなツリーが誕生した。
CIMG2559.JPG
徐々に日が暮れ、夜景が美しい時間となる。シンガポールGPはナイトレースだから、このホテルの部屋からは、こんな感じでコースを走るF1マシンが見えるのだろう。しかし、GPシーズンに向け、すでにコース周辺のホテルの宿泊費は高騰中!! このフェアモント・ホテルも5日間を通してでの予約オンリーで、1泊1700ドルくらいというからスゴイっ。もちろん、様々な観戦用のパスは販売されるようだが、もしボクが見るなら贅沢ではあるが、こうしてホテルのバルコニーからゆったりと観戦してみたい。
CIMG2561.JPG
初日から最後まで、名前を覚えていてくれたホテルマンの「シスカちゃん」。スマトラ出身の21歳っ!!! なぜか取材にも同行してくれた。“シンガポールに来たら、また寄ってネ”と笑顔で言ってくれた。
CIMG2565.JPG
最後の晩餐は、ロングビーチの海鮮料理店へ。カニ料理が有名ということで、黒胡椒をふんだんに塗したカニと、チリソースを絡めたカニを2匹たいらげた。南国の人は食事もスロー、しかし、今日の夜の便で日本へ帰る我々には、それが少々酷というもの。食事がすべて出揃い、コーディネーターのハンさんがお会計を済ませると、なんとフライト時間の1時間半前・・・。急いで空港に向かうと、チェックインカウンターは長蛇の列・・・。同行した他紙のカメラマン氏の計らいで、空いているビジネスカウンターでチェックイン。。。ぎりぎりセーフっ!!! 愉しくも非常に疲れた出張であった。。。


シンガポール@3日目 [Travel]

CIMG2506.JPG
3泊5日の出張もいよいよ佳境を迎えた。3泊ともフェアモント・ホテルの24階というエグゼクティブな部屋に泊めてもらっていたのだが、広すぎてもてあます・・・景観はすばらしいけど、窓を開けたとたん「ぶわっ」と湿気と熱気が襲ってくる。赤道直下の国らしく、今日も朝から暑い!!
CIMG2512.JPG
今日はF1のシンガポール・グランプリのピットビルの落成式。世界10カ国のメディアが集まり、GPのメインスポンサーによる落成式典が行われた。
CIMG2511.JPG
ここでGPの優勝者がシャンパンファイトを繰り広げるはず。早速、1位に立っておいた(笑)。
CIMG2515.JPG
これが、今シンガポールの人を困らせている(?)という「ERP」というETCのようなもの。下を通過すると、クルマに備え付けられている車載器から料金を収集するという。ここは、ダブルで料金をとるらしく、交通が少ない・・・。これがベイエリアに現在63機も設置されているというから、そりゃ交通も少ないはず。GPシーズンとなる9月上旬から、もっと設置台数が増えるらしい。。。
CIMG2516.JPG
ランチは、シンガポール料理でもっとも美味しかった「バクテイ」の老舗へ。約10ドル(シンガポールドル)程度でチキンライスとバクテイが食べられる。
CIMG2518.JPG
今日もランチの後は、ちょっとした観光へ。
CIMG2519.JPG
世界中どこへいってもあるチャイナタウン。
CIMG2520.JPG
近代的なビルの狭間にカラフルで少々古い街並みが存在する。
CIMG2521.JPG
フロートのサッカースタジアムの前に設置されたスタンド。ここからもF1の観戦ができる。観客席(スタンド)の下をマシンが通過する、というシンガポールGPのコースの中でも見せ場である。
CIMG2523.JPG
フロート(水上に浮いている)のスタジアムは現在、シンガポールの建国記念日に向けた特設ステージの建設中。国を挙げてのお祭りだけに、予行練習も派手だった。
CIMG2524.JPG
ものすごく見晴らしがいいので、この席をGETした人はF1観戦だけでなく、夜景なども楽しめるはず。
CIMG2528.JPG
F1初のナイトレースということもあり、コース上となる公道にはライトシステムの整備が進んでいる。
CIMG2529.JPG
ライトシステムをデザインしたイタリア人スタッフが各国のメディアにインタビューされながらのライトテスト。
CIMG2530.JPG
実際のピット前のコースはこんな感じ!!! 時間もちょうど20時だから、F1当日はここにF1マシンが並ぶのだ。
CIMG2532.JPG
そして、今日も・・・シンガポールのナイトスポットへ案内される。政府観光局公認なので、安全なスポット。ここは発電所をそのまま利用したクラブで、「セントジェームズ・パワーステーション」という。広い施設内にいくつものダンスフロアが設けられ、フロアごとに80年代、90年代、と好みに合わせてダンスミュージックを選べる。
CIMG2533.JPG
ふと、時計を見ると、今日も23時を回っている・・・


シンガポール@2日目 [Travel]

CIMG2463.JPG
2日目は、朝からコンベティションセンターへ。シンガポールの湾岸エリアの再開発の説明&記者発表です。
今秋のF1開催を皮切りに、目くるめく変貌を遂げる予定で上の写真がその完成予想を示した模型。今と比べて、高層ビルが湾を囲むようになっているのがわかるはず。
CIMG2465.JPG
2時間あまりの記者発表を終えると、今度は世界一の観覧車「シンガポール・フライヤー」に乗せられた。ここからなら、F1コースも一望でき、変わり行くシンガポールの街並みも一目でわかる。
CIMG2466.JPG
ピットレーンへ続く、市街地コースではないコースの一部。
CIMG2468.JPG
シャンパンも振舞われ、午前中からアルコールがカラダに注入される。
CIMG2469.JPG
CIMG2472.JPG
シンガポール・フライヤーのゴンドラ。1つ1億円の開発費用がかかっているという。約25人が乗れ、ゆっくりと30分かけて1周する。
CIMG2474.JPG
CIMG2475.JPG
CIMG2478.JPG
オープン間もないシンガポール・フライヤーだけに、普通に乗ろうとすると、相当な待ち時間を要する。もちろん、政府観光協会の招待だから、横入りで乗れた。。。
CIMG2480.JPG
昼食は、上陸後初のシンガポール料理。チキンライス、ラクサなど、辛くも美味しい料理を食べさせてもらった。
CIMG2481.JPG
昼食後の休み時間を利用して、ミニ観光をすることに。トーマスフォード氏が1819年1月29日、最初に足を踏み入れた場所には、まさに足を踏み込んだ氏の像が。
CIMG2482.JPG
センスのように広がった珍しいフェニックスもシンガポールの代表的な植物。
CIMG2484.JPG
「まぁ、ライオン!?」などと、おどけていたら観光客が笑っていた。風水上の理由から、場所が移されたという。
CIMG2490.JPG
意外と小さいので拍子抜けしたが、観光にはいい見世物だ。
CIMG2492.JPG
淡々と様々な場所に案内され、夕方になると、またナイトスポットへ。ここはシンガポールでも屈指のイリュージョンが楽しめるクラブ。かなりキレイな女性がマジシャンで、我々報道陣のために、ほんのさわりではあるがイリュージョンを見せてくれた。
CIMG2494.JPG
さらにっ!! 取材ツアーは終わらない・・・。今度はクラーク・キーというシンガポール川の観光スポットから水上バスで遊覧。
CIMG2498.JPG
夜のマーライオンも格別に美しい。。。しかし、すでに22時を回っているのに・・・いまだ開放されず・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。