So-net無料ブログ作成

SUBARU BRZ [新車試乗]

BRZ01.jpg

黒木メイサのCMでも話題のスバルBRZを借り出しての撮影取材。
期待に胸を膨らませながら、いざ出撃!

BRZ07.jpg

インテリアは、軽量(コストダウン?)のためか、割とシンプル。というか、昨今のクルマが豪華すぎなのかも…。
グレードは、Rグレード。トランスミッションは、なんと6MT。
最新のナビゲーションシステム以外は、ブラックアウトされているのもあるが、例えば、ドアのインナーパネルは、パンチングレザーを模したウレタン素材だったり、ステアリングホイールも、本来ならアルミ素材が使われていそうなところも、プラスチックだったり。各所にアイデアを盛り込んだ装飾によって、軽量化という名の下の簡素化が図られている。結果的に、ターゲットユーザーには車両本体価格が抑えられ、よりお手頃価格となっているのだが。

BRZ03.jpg

エンジンルームには、衝撃のエンジンカバーが…。
まぁ、系列会社となった今、当然のことかもしれないのだが、共同開発ということからか、TOYOTA、そしてSUBARUのダブルネームが刻印されている。
往年の86やフラット4のファンには、これは、どー映るのだろうか。

BRZ06.jpg

B=ボクスターエンジン、R=リアドライブ、Z=究極の意味を合わせたBRZという車名。
カローラレビンやスプリンタートレノ、そしてインプレッサWRXを想像してしまうと、かなりボディサイズは大きく感じる。そう見せるのは、ロー&ワイドなデザインかもしれない。
実際に乗ってみると、全長こそ短めだが、車幅は広い。
レビン/トレノを想像して乗る分には、気分は高まるが、最新のヨーロピアンスポーツに乗りなれた人は、オモチャっぽさを感じるのも否めない。エコカーブームの街中を、MTでガツガツ走れば、相当なスピード感は感じることができる。ただ、スーパースポーツに乗りなれた大人がターゲットとは限らないので、エコカー慣れした人には、相当新鮮な乗り味になるはずだ。

乗り出してすぐに、ブレーキの甘さというか、スカスカ感(サーキット走行後のブレーキ、いわゆるフェード現象により、危機が悪くなった感じ)がしたのだが、数十分も乗ると、これが意外に、このクルマとマッチしていることに気づく。要は、重心が低くなっているため、ヨーロッパ車のような効きすぎる感のあるブレーキタッチだと、すごく不快に感じるからだ。もちろん、踏みシロは遠いので、急ブレーキ的な動作が必要なときは、ガッと踏み込んでやらなければならない、ので少々不安に思うのだが。

BRZ05.jpg

ワインディングでは、この低重心のおかげで、小気味よくコーナーを攻められる。大きなロールはほとんど感じないので、フラットな姿勢でのコーナリングが味わえる、これはこれで楽しい。
肝心のパワー的なものは、やはりターボかスーパーチャージャーがほしかった。正直、回頭性以外は、ハイパワー車にはかなわない。逆にいうと、まさに「藤原豆腐店」の息子のようにドラテクで、カバーしろ、ということなのかも。すでに、86やBRZをベースにしたモータースポーツの競技用車両の開発も、各メーカーさんががんばっているみたいなので、これを機に、モータースポーツが盛り上がれば!

BRZ04.jpg

リアビューは、どこぞのスーパーカーよろしく、大口径マフラーに、リアディフューザーを装備。やる気を感じさせるワイドな雰囲気で、 まだ、そう多く走っていないことからか、輸入車のスーパースポーツと勘違いする人も多そうだ。

BRZ08.jpg

トヨタ製の86とは、各所のデザインや仕様で差別化されてはいるが、基本構造は一緒なので、チョイスの仕方は、往年のネーミングで選ぶか、伝統の水平対向で選ぶか、それぞれ思い入れのあるほうで決めるのかな。

BRZ02.jpg



 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

日に数度の急速充電… [新車試乗]

reef08.jpg

夜のうちに、約80%の充電をしておいたので、
朝から、約130kmが走行可能とメーター内に表示されている状態でのスタート。

しかし、忘れていた。。。

取材先のつくばまでは、首都高速経由の常磐道。
ということは、ほとんどが高速走行。

そう、EV(電気自動車)は、アクセルを踏みっぱなしでは、回生ブレーキが働かず、放電し続けるので、長く走ることはできないのだ。

リーフの良いところは、随時、導入される急速充電完備の充電スポットをナビ内のネットーワークによって更新されること。常に、新しい充電スポットが追加されているのだ。

で、向かう先のつくば周辺のスポットを検索すると、日産自動車のディーラーで数か所、急速充電器を完備しているらしい。早速、ナビの目的地にセットする。

目的地までは、約50kmほど。走行可能距離は首都高速に乗った時点で100km。

しかし、どんどん目減りしていく。。。

つくばICを下りるころには、あと20kmくらいまでと、走行可能距離が激減していた。まぁ、ロジック上当たり前のことなのだが。

ディーラーに駆け込むようにして入り、急速充電器で充電開始。

さすがというか、同社販売の車種だけに、対応がいい。無料で、コーヒーやジュースなどの飲み物もいただき。退屈なはずの20分は、意外と有意義に過ごせた。

充電を完了し、再スタート。

だが、EVをなめてはいけない。

約80%の充電量だけに、ここから一般道とはいえ、筑波山を目指すので、またしてもEVが不得意なワインディングに挑まなくては…。

予想通り?

取材の全行程を回る前に、再度、充電を迫られる。

移動→充電→取材→充電→取材と、本日すでに2回も急速充電を行っている。

reef05.jpg

無事、取材を終えたのだが、都内に戻るためには、再々度、充電しなければ。と、すでに夕暮れとなった筑波山の麓から、先ほどのディーラーへ向かうため、一応、連絡をしてみた。すると、20時までは開いているとのことなので、急いで向かう。

無事、充電を済ませ、辺りもすっかり夜となったつくば学園都市を抜け、常磐道のICを目指した。

reef06.jpg

常磐道から首都高速に入ると、案の定、渋滞している。しかし、渋滞すると、低速走行+スットプ&ゴーでの走行が可能となるため、残り少なくなったバッテリー残量でも何とか自宅までは帰れそうだ。

首都高を下りると、バッテリー残量は、1/4以下。。。

帰る前に、ガソリンスタンドで充電しなくては・・・。

reef07.jpg

日に4度の急速充電によって、約300kmという工程を切り抜けてきたが、こんなに急速充電を繰り返しても大丈夫なのだろうか???


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

EVはやっぱり不便?? [新車試乗]

reef02.jpg
さて、借り出した【日産リーフ】で、1週間ほどの取材。
いままで、それほど気にしていなかった“電気”という資源。
東日本大震災で、その重要性が社会的に注目されている。
そして、電気=貴重な資源となった今、電気自動車ってどーなのか?
検証する機会ができた。

日産自動車の本社は、数年前に銀座から横浜へと移っている。
したがって、広報車を受け取ると、都内まで帰るのに、
最低でも30kmは、走らなくてはならない。
reef03.jpg
横浜から、自宅駐車場まで約36km走った結果、
相当、エコな運転でも、出発前にはフルだった充電池も、
約半分ほどとなってしまった。
翌日は、朝からリーフの撮影で、茨城県のつくばまでいかなくてはならないので、当然、充電は必死。
昨年だっかか、三菱のアイミューブで走った頃とは違い、だいぶインフラも整い、
今回は近所のガソリンスタンドにも、急速充電器が設置されている。
reef04.jpg
早速、充電に出かけることにした。
この辺りでは、公共事業者以外の電気自動車は、ほとんど見かけないので、
思ったとおり、すぐに充電器を確保できた。
急速充電器では、約80パーセントまでしか充電できない。
しかも、20分ほどの時間を要するので、
ガソリンの給油とは違い、ガソリンスタンドでの充電は、
意外と長く感じてしまう。。。
料金は、個人所有車なら、基本的に無料。
法人登録車なら、有料という設定となり、
いずれも事前に登録が必要で、発行されたカードでの
充電となる。
今回は、日産自動車所有の車なので、当然有料で、800円ほど。

フル充電ではないが、それでも約130kmは走行可能と表示されているので、
ガソリンスタンドを出て、そのまま駐車場へ格納。
今日から数日間、電気自動車の利便性を検証してみようと思う。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Ferrari FF [新車試乗]

FF01.jpg

2012 新年明けましておめでとうございます!

いやぁ~、しかし、去年は激動という言葉通りな1年でした。
公私ともに、いろいろなことがあり、人生の転機といってもよい年でした。

今年の目標に掲げたいのが、いろいろな意味での“復活”です。
精いっぱい頑張っていきたい所存であります!

年頭、1発目のUPは、話題のフェラーリ初の4WDモデルである、「フェラーリ・フォー」こと、FFです。優雅さ、そしてフラッグシップとして位置づけられる12気筒モデルの最新機種は、なんとハッチバック・スタイル、しかも4輪駆動というのだが。。。

FF04.jpg
やっぱり、フェラーリは、このゴージャスなインテリアがステキ!
ドライバーズシートに、座った瞬間、何とも言えない緊張感に包まれるのも、ほかのクルマにはない印象。カラダが、あの速さを覚えているのか、ただならぬ緊張感は、エンジンをかける前から、全身を奮わせてくれる。

FF02.jpg
フェラーリが誇る最新機種のコントロールは、ステアリングにすべて集約されている。ほぼ458と同等ではあるが、FFのみの装備も多数搭載されている。
そうそう、458からウインカーレバーが無くなり、ステアリングに備わるボタン式となっているのも特徴。もちろん、ハイ&ローのヘッドライト切り替えもステアリングに備わっている。

面白い安全装備として、200km/hくらいからの減速時には、ハザードが自動点灯され、後続車に急減速を知らせてくれるという機能が装備されていた。(飛ばしてるくせに、ちょっと恥ずかしかったが・・・)

FF03.jpg
このハッチバックスタイル、街の人はフェラーリと思わないらしく・・・、うるさい排気音の外車程度に思っているに違いない。しかも、夜、真後ろから見ると、丸いテールランプと、そのシルエットから、GT-Rにも見える、という不可思議なスタイリングなので、認知されてくるまでは、恐れ多くもフェラーリにビタリと接近してくる(別名:煽ってくる)クルマも多いはず。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Chevrolet Captiva [新車試乗]

Chevrolet Captiva.jpg

業界中がモーターショーで大賑わいしているのをよそ眼に、
年末発売の某誌の制作に参加させてもらっているので、
このところ、毎日がバタバタ。。。
しかし、このご時世、ありがたいことである。

昨日からウチに来ているのは、シボレーのキャプティバ。

愛らしい名称だけど、フロントマスクはシボレーらしく(?)威圧感たっぷり。
いわゆるシボレーのトラック系統とは血筋が若干異なり、キャデラックのSRXと共通のプラットフォームを用いた乗用SUVに性格が振られているのがポイント。

また韓国GM製ということもあり、フロントマスクのボウタイがなければ、国籍不明のSUVといわれてもわからないほど、エクステリアデザインも個性たっぷり。

大きさは、レクサスのRXとほぼ同じくらいだが、割と取り回しが良い印象。

1週間ほど、お世話になるので、詳細はまたこの次にでも。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Audi R8 [新車試乗]

R8_01.jpg

久々にウィークエンドに、横浜へ。
お供は、アウディのスーパースポーツであるR8。
写真の大黒ふ頭には、プジョーやランボルギーニ、レクサスのオーナーズクラブの人たちが、ずらりと愛車を並べ、楽しそうに集っていた。

R8はこれまでに、要所要所で乗ってきたのだけれど、今回のは真っ新の新車。
しかも、6速マニュアル、
おそらく、既存のR8のほとんどがRトロニックというアウディのセミオートマシステムを搭載しているはずなので、かなりの希少車だ。

都心から首都高速で、走り出すや否や。
環状線では、いい音を奏でるアストンマーチン、
湾岸線ではイケイケのポルシェGT3が後をついてくる。

その期待に応えたい、
が、免許は大事だし、
今回は新車だし、
ということで、軽くお相手しながらもすぐに離脱。
「お先へどうぞ!」と。

R8_02.jpg

エンジンは、間延びしたかのように思える後部に搭載され、ディスプレーされたかのようにリアウインドウ越しに見えるようになっている。駆動方式はクワトロ、つまり4WDである。R8のトップエンドは、V10の5.2リッターだが、コイツはV8の4.2リッターユニットを搭載し、430psを絞り出す。

さすが、アウディ! と思わせるのは、同クラスのスーパーカーやスーパースポーツと比べて、アイドリング時のエキゾーストの静かさ。さすがに始動時は、ブオンと大きな音が出てしまうが、始動してしまえば、意外に静か。そして、都心部での常用域である1000~3000rpmくらいまでなら、V8の同排気量クラスと同様に、スムーズで静かなのも、今の時代はうれしい性能。

もちろん、ひとたびアクセルを全開にすれば、スーパースポーツらしいエキゾーストノートを放ち、高性能エンジンに加え、高性能な足回りなどなどが合いまみえての目の覚める走りを堪能できる。

R8_03.jpg

一目見て“優等生さ”を感じるアピアランスは、実際に乗っても、その感じるままであるのがスゴイ。
例えば、ちょっとした坂道での発進。。。ポルシェやフェラーリだったら、ちょっと吹かし気味にアクセルを煽るのだが、R8のマニュアルは、クラッチを切っても数秒間、後ろに下がらない。
ロー&ワイドなスタイリングながら、見切りもよく、乗用車同様に気軽に運転できてしまう。
などなど、誰が乗っても、それなりに走れてしまうのが、優等生たる由縁。

車両価格は、1649万円~と、この不景気の最中なんだという値段ではあるが、相応の価値は存分に味わえるクルマだ。


タグ:Audi R8 アウディ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Audi New A6 [新車試乗]

PF_25102011180103774.jpg

どうも最近は、クルマの話になると、
「え!? 燃費はどのくらい?」
とか
「税金は安いの?」
という会話が多いような気がする・・・

もちろん、それらは重要なことなんだけれど。

さて、今回は、新しくなったアウディのA6で、
神奈川は横須賀方面までドライブ。

新型A6は、モノコックボディの20%以上にアルミ素材を使っているのと、伝統のクワトロシステムに新世代のセンターデフを採用することで、軽量ながら安全性がさらによくなっている。
そして、エンジンは2.8ℓのV6直噴(FSI)と、3ℓのV6直噴スーパーチャージャー(TFSI)という最新のパワーユニットを搭載している。

減量されたボディと燃焼効率の良いエンジンの相乗効果にプラスして、アイドリングストップシステムまで搭載されているので、燃費はなんとリッターあたり11km/ℓと、このクラスにしてはすごい数値を誇っている。

さっそく乗ってみると、
まず信号待ち。。。

FxCam_1318823434082.jpg 


ピタッと停止したエンジン音、信号で停止して1秒後にはアイドリングストップシステムが作動。この日、天気が良く、外は若干肌寒いが、車内は燦々と照らす太陽で、少々暖かったのでエアコンを使用していた。このアイドリングストップでもエアコンが普通に動いてくれるのはイイ。他の国産アイドリングストップ車は、たいがいエアコンが効かなくなることが多い。
そして、信号が青になり、ブレーキから足をずらし、アクセルを踏む。
エンジンが始動する。
この始動タイミングも、他車種よりも早い。
まぁ、この辺は価格=技術力の投入差が当然出てくるのだろうけど・・・

FxCam_1318834055287.jpg

一般道~首都高速~一般道と、終日乗り回してガソリンの消費は給油メーターの3コマ、約1/3くらいだった。いつもなら、半分以上消費することを考えると、相当燃費が良いことがわかる。

乗って楽しければ、それでいい、という時代もそろそろ終焉を迎え始めているのか・・・


タグ:Audi A6
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Ford Explorer [新車試乗]

Xplorer001.jpg

相乗効果というんでしょうか、シャワー効果とでもいうんでしょうか。
気が付けば、あたりにはエコカーが増殖。
休日の高速道路の大きなSAや郊外のメガマーケットの駐車場を覗けば、一目瞭然です。

そんな世間の風潮にもれず、ついこの間まで馬力アップを主とするパワー戦争ばかりだった海外勢も、エコな装いを欠かすことはできなくなってきたようだ。

メルセデスやBMWといった欧州を代表するクルマの進化は、飛躍的で世界的に良いモノと判断するやすぐにでも取り込み、そして独自のスタイルで発信している。

だけに、乗ってすぐに、その良さを判別するのは難しい。逆に言えば、それほど技術が発達しているという事。

自動車大国アメリカも、そういった類から漏れることなく、様々な手法でエコなクルマを主張している。

フォードのエクスプローラーは、1990年に同社の本格派4WD車であったブロンコⅡの後継車としてデビューするやいなや、14年間も北米でナンバーワンセールスを記録してきた。北米市場では、エクスカージョンやエクスペディションといった兄貴分達もいて、エクスプローラーはシリーズの中でも、小型に属し、人気があったのだ。

そのエクスプローラーは、価格的には500万円前後と輸入車のSUVにしてはお買い得感ある設定だったにも関わらず、日本ではどちらかというと、かなりマニアックな部類にはいるようで、バブル時代には相当販売台数は伸ばしたものの、近年ではあまり見かけない=販売台数は少なくなってきているようだ。

初代から、幾度となく乗る機会があったエクスプローラーの個人的な印象は、よく走る扱いやすいSUV。抽象的だが、可もなく不可もなく、というアメリカ車という枠を超えて、日本でも乗りやすいクルマ、という意味だ。スクエアなボディは、大きいながらも見切りが良く、4.6リッターという大排気量だが、そこそこ燃費も良い。レンジローバーやゲレンデバーゲンのような複雑な機構もないので、だれでも扱えた。

それは、当時よくやっていたスノーボードをしに行くためのアシとして何度も乗った時のこと、チェーンを巻くために、同乗していた女の子に動かしてもらったのだが、何の戸惑いもなく、チェーン装着場となる駐車場で、支持どおりに動かしてくれた。それを見て安心し、雪道のゲレンデまで彼女に運転してもらったこともしばしば。

そんな印象だったエクスプローラーが、20年目にして4代目となり、欧州のSUVに匹敵する性能でデビューした。

まず驚いたのは、そのスタイル。

言い方がいいのか悪いのか、第一印象は、大きなホンダのCR-V。デザインもさることながら、親しみ感たっぷり。

そして、歴代とは一線も二線も画すような走り。

まるで、フルに電子制御された足回りかと勘違いしそうなまでに、重いSUVボディながらフラットな乗り心地。高速のGがかかるコーナーでも、トリッキーな狭いワインディングでも、スイスイとその巨漢がイメージしたステアリング通りにトレースされる。歴代だったら、すでにリアタイヤが悲鳴をあげていただろうコーナーも難なくクリアしていく。

そして、スケールダウンといっていいのだろうか。これまで4.6のV8をメインどころにしていたエンジンが、3.5のV6に。そのほか、ボディ構造などにも手が入り、燃費は従来モデルより25%向上している。実際に、約500kmの工程を走ったが、平均燃費で10km/l以上。高速道路では、15km/lくらいと、ほんとにエクスプローラー?というほどに燃費が良い。ちなみに歴代は、平均8km/lで、街中のみのユースだと、5km/lなんてこともあった。

エンジンが小さくなっても、加速度は十二分。

新型のエクスプローラーということで、データも見ずに乗った印象では、近年のV8ユニットと思っいた。しかし、データをあらためてみると、3.6? V6?というくらいに、パワフル。高速道路の加速でも、大きなキックダウンを要さなくても、グイグイと加速していく。

また、パワーゲートや電動格納するサードシート、助手席Aピラーに埋め込まれた液晶表示のサイドビューモニターなどなど、これまでの無骨で扱いやすいSUVから近未来の装備を満載したSUVへと変貌を遂げていた。

今一番、クルマの進化を直感的に感じられるのは、もしかしたらアメリカ車かもしれない。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

PORSCHE 911カレラS [新車試乗]

20110922-03.jpg

先日の続きです…

大型台風の去った翌日、大渋滞に巻き込まれながらの撮影。
もうヘトヘトの状態ながら、アイドリングストップ付きの日産ラフェスタ・ハイウェイスター(マツダのプレマシーのOEM車)から、箱根は芦ノ湖スカイラインで、乗り換えたのは、エコカーから一転して、本格的スポーツカーのポルシェ911カレラS。

そういえば、このところハイパワー車のほとんどは、ステアマチックやセミオートマが多くなってきたせいか、マニュアル車なんて久しぶり…なんて思い、少々不安はあったのだが、いざエンジンをかけてクラッチを踏み、右手(めずらしく左ハンドル仕様)で1速へシフト、おぼつかないと思われていたクラッチ操作は、意外と体が覚えているんですねぇ。

難なく走り出すと、あとはいつものドライビングスタイルへとスムーズに体が反応してくれる。

2速→3速→4速へとシフトアップしていくと、次なるコーナーが現れる。

4→3→2とシフトダウン。
リアシートの奥から聞こえる軽快かつ独特なエンジン音。
そして、この吸い付くように地面を這う感じがポルシェならでは。

高速でのクルージングも、こと997モデルになってからは安定の一歩をたどっていた911だけれど、こうして改めて、ワインディングを攻めてみと、やはりコーナリング性能も最高!

クルマを操ることの愉しさを実感させてくれる。

ポルシェは、いつ乗っても、そしてどのモデルに乗っても、どこか通ずるモノがあり、操作に困らないのがイイ。スタイルや機能は日々進化し続けているのだが、それぞれのモデルにファンがいて、独自のこだわりでポルシェを愛でる人の気持ちもよくわかる。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

台風の爪痕 [新車試乗]

20110922-01.jpg

台風15号の影響はいたるところにあったようだ。

昨日、撮影車両を横浜の日産本社に取りに行くとき、
ちょうど、台風が首都圏に襲い掛かる寸前、というタイミング。

都内からジャガーXKのコンバーチブル(雨なのに・・・)で、
横浜に向かうべく出発。
実は、すでにこの頃、兆候は見られたのだ。。。
吹きすさぶ風、横殴りの雨、
雨のカーテンが目で確認できるくらいだった。

日産本社に着き、車両を受け取るや否や、
館内放送にて・・・
「ただちに帰宅準備を済ませてください、全館まもなく消灯します!」
さすが大企業、台風による帰宅難民を出さないために、
いち早く帰宅の支持が出ていたようだ。
急いで、車両を受け取り、向かう途中混んでいた横羽線を避け、
湾岸線のみなとみらいICへ急ぐ。
なんと、乗ろうとした瞬間、電光掲示板には“通行止め”の文字が・・・
すぐさま50mほど手前にある横羽線のIC入口へ。

通常なら、行ってこいの車両の受け取りで往復2時間もあれば大丈夫なのだが、今日は特別混んでいたり、台風の影響もあったりで、往復4時間半を要してしまった。

で、本題に戻ると、
翌朝、クルマを始動させ、待ち合わせの青山へ。
車庫を出るなり、昨日の台風の凄さを目の当たりにする。
近所の新築工事の資材置き場を覆うパイロンがあちらこちらに散乱・・・
さらには、道路の真ん中にはひっくり返った傘、
ゴミ容器のポリバケツ、etc。。。いろんなものが落ちている。
早朝のため、まだ誰もかたずけていないのだろう。
青山に着くと、さらにビックリする光景が飛び込んでくる。
大木の大きな枝が、ぶらりと電線に引っかかっている。
もちろん、246の路肩には葉を付けたままの枝や枯葉が山になっている。

そんな都内を脱出し、ロケ場所へ向かうため、
首都高速から東名高速へ。
厚木ICくらいまでは、いつもの混雑という具合で
なんとなく通過できた。
しかし、ここからが台風の爪痕をもろに体感する羽目になる。。。

秦野中井IC出口渋滞数キロ・・・
大井松田IC出口渋滞数キロ・・・
なんだ、これは??
そして、問題の場所へと差し掛かる。

東名下りは、大井松田の先から足柄SAの手前まで、
二手に分かれ、右コース、左コースをチョイスするのだが、
左コース渋滞12キロ・・・?
右コース事故・・・?
え?
通れないの?
とっさの判断で、右コースをチョイスしたのだが、
あと数キロで足柄SAというところで、
完全にストップ。。。(上の写真)
高速道路上の我々は、
ラジオは電波が悪く、携帯もつながらない、
そんな状態で、なんの情報もないまま、
なんと1時間半から2時間も立ち往生。。。

朝7時半に、青山を出たはずなのに・・・・
やっとの思いで、足柄SAに着いたのは、
午前11時。。。

20110922-02.jpg
台風一過で、秋晴れのすばらしい晴天の中のロケを期待していたのに・・・
とんだ一日になってしまいました;;


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。