So-net無料ブログ作成
検索選択

BMW ActiveHybrid 5 [新車試乗]

AH02.jpg

『思ったより、燃費はイイのね!』

MINIに代わって、やってきたのはBMWの次世代ハイブリッドカーとしてラインナップされている、「ActiveHybrid 5」。BMWのミドルサイズ・セダンの5シリーズをベースに、ハイブリッドシステムを組み込むことで、BMWらしいエレガントさと環境を考慮しながらもハイパフォーマンスを発揮できる、というもの。

エンジンは、340psという高出力のツイン・スクロール・ターボチャージャー+バルブトロニック+ダブルVANOS+高精度ダイレクト・インジェクション・システムというBMWの最新技術をふんだんに盛り込んだ直列6気筒ツインパワー・ターボ・エンジンに、40kWという出力の電気モーターが組み合わされている。

60km/hまでモーターで走れるので、いわゆるゼロエミッション走行が可能なのと、ちょっとした加速時や高速などでの追い越し時には、エンジンに加え、モーターによる出力アシストが加わるので、一味違う加速感を感じることができる。

AH01.jpg

これまでの、こうした高級セダンに付加されたハイブリッドカーは、気持ち程度の燃費向上しか実感できなく、車両価格的にも企業の税金対策、またはエセ・エコロジスト風の成金所有車という感じのイメージを受けがちだったが、ActiveHybrid 5は、まさにそんなイメージを払拭するように、燃費面でもキチンと数値を見せてくれた。

実際に走行した数値は、一般道で10~13km/リットル、高速走行を合わせると17km/リットル台と、燃費を意識しない走行で、高い燃費効率を発揮してくれた。

AH04.jpg

また、先の信号が赤だったり、一時停止や踏切といった事前に停止することがわかっている状況下で、アクセルを抜くと、エンジンがそれを感知し停止、モーターでの走行に切り替わる。よくあるアイドリングストップでは、停止して数秒、または車両が完全停止するまでエンジンが止まらないので、この点では、より燃費が良くなる。スタート時も、ブレーキを離すと同時にエンジンがかかるので、「え? もうかかってるの?」的なストレスのないアイドリングストップが、心地良かった。

AH05.jpg

ホイールは、こんなところも燃費を上げるためのデザインというほどのエアロデザインだが、意外とカッコイイ。

AH03.jpg

エクステリアのデザイン良し、燃費効率良し、とまさにBMWの思惑通りの印象となってしまうが、高級セダンとしての持ち味は全く損なわれていないし、走りたいときには十二分なパフォーマンスも発揮してくれる、さらに燃費が良い、と非の打ちどころがない。これで、価格は850万円+αというから、お買い得なのかも?


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。