So-net無料ブログ作成
検索選択

MINI COOPER COUPE [新車試乗]

MINI01.jpg

BMW328iを返却して、代わりに乗り出したのは、MINIクーパー・クーペ

MINIというと、小洒落たデザイン性ながら、BMW製となって、よりしっかりとした機能性も併せ持つクルマという認識で、「割とそつなく乗れる」感が強いイメージだったが、中でもクーパーシリーズは、ちょっと走りよりの運動性能が加わり、意外と走るんだと思ったのは、つい先日のこと。

しかし、そのクーパーを、もっと硬派にしたモデルがリリースされている。それが、このクーペ。

mini02.jpg

チョップドルーフよろしく、通常モデルの半分ほどとなった低いルーフに、80km/hでトランクリッドからせり出すリアウイング。エキゾーストノートも野太く、パワーが出ている感が強い。おまけにフロントからリアまで一直線に入ったストライプは、見てくれもやる気満々。

6MTとATが用意され、今回借りれたのは&MTのモデル。総重量は、ATと比べて約30㎏も軽く、おかげで燃費も数値の上では、4.3km/ℓもMTのほうが良くなっている。

他のモデルと決定的に違うのは、オープンモデルのロードスターと同様に2シーターであるというところ。

早速、首都高速から中央道へ。

普通のMINIでも、首都高速は十分走れる。しかし、クーペは、加速度が断然違う。それほどシビアなシフトチェンジを要しないのは、ターボによる過給があるから。

シフトレバーの横に、エンジンのマネージメントを変更できるPOWERボタンがある。押してみると、少々スポーティーなモードに変更されたのが、アクセルを踏むことで理解できる。そして、マフラーから、アクセルオフとともに、ポコポコーンと、まるでレーシングカーのようなバックファイアー的な効果が発生し、エキゾーストノートに加え、高揚感を煽ってくる。

八王子ICから中央道に入ると、ETCレーンを抜けすぐに、背後にポルシェが迫ってきた。もちろん、「なんだぁ? このMINI??」的なニュアンスだろう。

ルームミラーに映るポルシェが次第に大きくなる。それは、やがてドライバーの顔が見えるほどに。。。

相手はポルシェ、しかも911。普通なら、道を譲るのだろうが、今日は気分がいいので、そのまま踏んでみる。数秒ほどで、ルームミラーに映るポルシェは遠ざかって行った。

藤野SA手前のつづら折りのコーナー。思ったより接地感もよく、踏んでいて怖さがない、大事なことだ。ついついスピードが出がちだが、そこは抑えないといけない、あくまでも法定速度内でw

思いのほか、このMINIクーパー・クーペは楽しめる、ということが分かった。

MINI03.jpg

ほどよく距離を走ってきたのだが、燃費の消費も思ったより少ない。目線の先にあるメーターは、タコメーターで、あまり回しすぎると、「シプトアップしろっ!」と、現在のシフト位置を示す数字の上に、上への矢印が出る。スピードーメーター等は、MINIらしくセンターに配置されている。

このサイズのクルマも意外と好きなので、今度はFIAT500に乗ってみようと思う。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 7

コメント 1

シラネアオイ

今晩は!
ご来訪有難うございます!!
by シラネアオイ (2012-04-26 18:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。