So-net無料ブログ作成
検索選択

真打、本格派オープン! [新車試乗]

東京から約180kmの距離にある伊豆半島の最南端である下田まで贅沢にもベントレー・コンチネンタルGTCに乗ることができた。

このところの異常気象(?)のせいもあり、下田は日中ならロンT一枚で過ごせるほどの陽気。もちろん、コンチGTCも終始フルオープンで乗っていた。。。東京を出たのは、午後の6時とあって、さすがに肌寒かったが、それでもフルオープンで。六本木の交差点では、道行く人も目を向けるほどのゴージャス&可憐なスタイル。乗っているのがボク、という点以外は、さぞ非日常を演出していた事だろう。しかも、淡いブルーのボディカラーに、アイボリーインテリアはどう見ても素人ではない。。。さらに3000rpmあたりから奏でるW12ツインターボのサウンドは、見た目よりも派手で周囲を威圧するには十分すぎるほどの高音質。伊豆の山間を走りぬけた午後8時ごろは、さぞご近所の人もビックリしただろう。。。

それにしても優雅なボディライン。驚くことに、フルオープンでも風の巻き込みは皆無。ウインドを閉めていれば、頭上を横切る風以外は、実に快適な空間が保たれる。電動開閉する幌を開けると、外気温に合わせ自動的に空調がオープンモードに切り替わり、半ば露天風呂で半身浴をしているかのように心地よい。。。走りは、もちろん極上で、W12+ツインターボは2.5トン以上のボディを軽々と走らせる。しかも4WDなので、少々荒くワインディングを攻めても大きな挙動の乱れはない。クローズド・クーペモデルのコンチネンタルGTよりもフワフワ感はなく、腰下がガッチリした安定感を持っているのも印象に残った。コンチGTは200km/h前後で、やたらフワフワとした接地感のない動きをしていたから。。。

まるでクルーザーのようなインテリアのデザインは、フルオープン時にはより艶やかさが増す。近代ベントレーはアウディやVWの影響が良い意味で反映されているから、メカニズム的にも信頼度は高い。デザイン的には賛否両論ではあるが。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。